お見合いに向いていない人

お見合いは一つの出会い!堅苦しく考えないで大丈夫です!

昔の結婚は家柄を気にする人が多かったので、お見合い話はまず親の了承を得るのが一般的でした。親が了承した後は仲人、親、当人で会い、場所はホテルや料亭の個室、服装は正装とかしこまって行われました。一方現代では仲人を通じてお見合いする人は極めて稀で、多くは結婚相談所等でプロフィールが書かれたつりがき書を見ながら相手を選びます。そして双方好感を持った人同士がお見合いとなり、当日は喫茶店やホテルのロビーで一時間程お茶をし、お互いのフィーリングが合えば次回の約束をします。
その為お見合いと言うと堅苦しいイメージを持つ人がいますが、嫌なら断って良いのです。結婚相談所では上手くいかなかったお見合いの人同士が今後出会わない様、プロフィール閲覧不可になる等の配慮をしてくれるので断って嫌な思いをする事は無いです。

お見合いマナーは守って!守れない人はNGです!

現代のお見合いに堅苦しさは無くなりましたが、お見合いをする時は心得ておくべき事があります。それは結婚を意識した人同士が出会う為、恋愛では無く結婚できるか否かを判断する事です。お見合いを得て交際に至った場合は、5回以内のデートでプロポーズがマナーです。なぜなら結婚願望があるからお見合いしたのに、付き合いつつ結婚に踏み切れない状態と言うのは相手に失礼だからです。その為こんなに早く結婚を決める事は出来ないと思う人は、お見合いには向いていないです。
そしてもう一つ、口が軽い人も嫌煙されます。お見合いは通常今回駄目だったら、次の出会いに期待します。そんな状態でぺラペラとお見合い相手の事を言いふらすと相手の出会いの邪魔になるとされ、結婚相談所によっては強制退去等のぺナルティがあります。